お留め菓子

今日は久しぶりにお土産でいただいた「カスドース」の紹介です。

江戸時代からポルトガル宣教師から伝えられたとされ400年以上も続く平戸銘菓カスドース

カステラを一晩寝かせ、卵黄にくぐらせて沸騰した糖蜜に浸けられ最後に砂糖をまぶして完成する「カスドース」は、殿様だけが食べられる”お留め菓子”と呼ばれ、明治以降は皇室献上銘菓にもなったそうです。

代々に渡り口伝によって受け継がれたこだわりの製法で一つ一つ手作業で二日間かけてつくられています。

似たようなお菓子に巡り合ったことがないので希少な銘菓と思います。

カステラに糖蜜がしみこんで表面に砂糖がまぶされていますので甘いですが、カステラの甘さが抑えられているので上品な甘さです。

二口サイズの可愛いお菓子です。

深煎りのコーヒーがとてもよく合います。一度はご賞味いただきたいイチオシのお菓子です。

 

Follow me!